岡山市の竹内クリーニング

カビのシミはお早めに

みなさんこんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

第27回目は、梅雨の時期以外にも気をつけてください。

「カビのシミ」についてです。

 

湿気の多いこの季節ですが、カビは条件さえ合えば年中発生します。

生地に含まれている糊などを栄養源にしていますので、新品の物であってもカビは発生します。

 

P7291188P7291187

 

 

カビの種類はいくつかありますが、写真のようにシミが星のような形になっています。

時間経過とともに変色・脱色し、さらに生地に多大なダメージをあたえ穴が開いたりします。

 

P8021200 P8021199

 

ドライクリーニングで落とせるカビもありますが、多くのカビは変色をしていることが多く、

シミ抜き、補正が必要になります。

カビの発生は、定期的な陰干し、虫干しで防げます。

もしカビの発生に気がついたらお早めにご相談ください。

 

 

ワンポイントアドバイス

湿気のない晴れた日に日陰に干して品物に風を通してください。
エアコンの除湿モードで運転中にタンスやクローゼットを開けるだけでも効果はあります。
衣装ケースなどは蓋をあけるだけでは底の湿気が残ります。
一度品物を出して、風を通してください。
関連記事
汗を残さず衣替えしましょう。
スポーツのユニフォームの泥や汗もしっかり綺麗に
塩素系漂白剤による脱色