岡山市の竹内クリーニング

蛍光染料・蛍光増白剤とは

みなさんこんいちは。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回は、洗濯洗剤に含まれている、「蛍光染料」「蛍光増白剤」についてです。

 

「蛍光染料」「蛍光増白剤」とは、”白いものをより白く見せるためのもの”で、紫外線を吸収して青白く発光するので、日の光の下ではより白く見えますがブラックライト(紫外線ライト)をあてて見ると青白く輝きます。

一般的にワイシャツやTシャツ、タオル類にシーツなど白い衣類に含まれていることが多くいつまでも新品のように白くきれいに見えます。。

IMG_5951 IMG_5949

粉タイプの洗剤や漂白剤に含まれていることの多い「蛍光染料」「蛍光増白剤」ですが、注意も必要です。

「蛍光染料」や「蛍光増白剤」が含まれている品物ですと、洗濯で付着しても問題ないのですが、「蛍光染料」や「蛍光増白剤」が使われていない品物や色柄物に付着してしまうと、日光に当たった時に室内と違う色にみえたり、点々とシミのようなものが全体に見えたりする場合があります。

また赤ちゃんや肌の敏感な方ですと、肌に直接触れる衣類に使用するとアレルギー反応を起こす可能性がありますので使用は避けてください。

 

「蛍光染料」「蛍光増白剤」は白さを増したり保つもので、黄ばんだり汚れたものを白くする漂白剤とは異なります。

ワンポイントアドバイス

「蛍光染料」「蛍光増白剤」はブラックライト(紫外線ライト)をあてれば発光しますので判別可能です。

不安でしたら「蛍光フリー」や「蛍光染料なし」「蛍光増白剤なし」と書いてある洗濯洗剤を使用してください。

塩素系漂白剤などで、白いものが黄色くなるのは「蛍光染料」や「蛍光増白剤」が変質(壊れて)してしまっている場合があります。
関連記事
蛍光染料・蛍光増白剤とは
色が滲んでしまう「色なき」についてです。
【洗濯のコツ】お湯で洗濯しましょう!