岡山市の竹内クリーニング

汗を残さず衣替えしましょう。

みなさんこんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

第49回目は、「汗ジミ」についてです。

 

涼しいというより肌寒い日が増えてきました。

衣替えをしている方も多いと思います。汚れはもちろんのこと、夏物を保管する前に重要なのは汗の処理です。

 

P4272099 P4272092 P5302116

 

特に汗が残りやすいのが、襟・首まわり、脇・胸、背中、袖口・肘の内側です。

汗は乾いてしまうと目立ちにくいですが、よく見ると上記の部分にきついシワが残っていたり、輪っかのようなシミがあれば汗が残っているサインです。

短時間しか着てない、汚れているように見えなくても、見えない汗が残っています。

 

P4282110 P4282106 P6012133

 

保管前には必ずクリーニングして、不安でしたら汗抜きをしっかりしてもらうように伝えましょう。

ドライクリーニングだけでは汗は完全に除去できません。汗抜きが別に必要なお店などでは必ず汗抜きを依頼してください。

目に見えるように変色・脱色してしまった汗ジミはシミ抜きが必要になってきます。

服にもお財布にも悪影響を与えないようにしっかり確認してから衣替えしてください。

ワンポイントアドバイス

当店では通常のクリーニングに汗抜きが含まれています。

汗が残っていると変色・脱色の原因になります。

見た目にはわかりにくくても着用すれば汗をかいています。
衣替えなどの長期保管前には汗抜きを必ず行ってください。
関連記事
汗を残さず衣替えしましょう。
スポーツのユニフォームの泥や汗もしっかり綺麗に
塩素系漂白剤による脱色