岡山市の竹内クリーニング

オイルの汚れはドライクリーニング!

みなさんこんにちは。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回は、ご家庭では落としにくい

「機械油やオイルなど油汚れ」についてです。

 

DIYや、自動車、自転車のメンテナンスなどで工具やオイルなどを使用し、

ちょっとした作業なら洋服のまま行うことも多々あると思います。

 

P6231166

 

 

気をつけていても、いつの間にか汚れてしまっていた経験がありませんか?

食べ物と違い機械などの油は、大変ガンコな汚れです。

 

汚れたからといって慌てて拭き取ろうとすると、

汚れが広がったり繊維の奥に入り込んでしまいます。

さらに無理をすると生地を傷めてしまいます。

 

P6251175

 

 

機械油のガンコな汚れには、

ご家庭ではできないドライクリーニングが最適です。

 

生地を傷めることなくガンコな油をしっかり落とします。

機械油がしっかり付着した作業着などの汚れや臭いもしっかり落します。

 

全体のクリーニングだけでなく部分的にシミ抜きだけのご依頼でも結構です。

機械油は拭いたり、洗ったりする前に一度ご相談ください。

 

セーター

クリーニング(600円)

 

ワンポイントアドバイス

油汚れにはドライクリーニングに勝るものはありません。
市販されている作業着洗いの洗剤などでもご家庭では限界があります。

汚れや臭いが気になるときはご遠慮なくご相談ください。
関連記事
色が滲んでしまう「色なき」についてです。
【洗濯のコツ】クレヨンや色鉛筆汚れの落とし方!
シミ抜きと加工で生まれ変わります!