岡山市の竹内クリーニング

ビニール包装を外さないのは危険…

みなさんこんにちは。

今回もご覧いただきありがとうございます。

第6回目は「クリーニング後の間違った保管」について紹介します。

 

当店を含め、ほとんどのクリーニング屋さんでは、

お客様が、クリーニングした衣類をきれいな状態のまま

お持ち帰りできるように、ビニール包装を行っています。

 

P7313856P7313858

 

この包装はあくまで簡易的なものですので、

長期保管する際には、必ず取り外してください。

 

ビニール包装を取り外さないまま長期保管すると、

中に湿気が溜まり、最悪の場合はカビが発生します。

 

また、衣類の素材によっては、

ビニールに含まれる酸化防止剤が化学反応を起こして、

衣類が変色する場合もありますので、充分ご注意ください。

ワンポイントアドバイス

クリーニングした衣類を、ホコリや汚れから守るには、
不織布(ふしょくふ)の衣類カバーに入れることをオススメします。
※不織布の衣類カバーは100円ショップなどで販売しています。

また、衣類をカビや虫食いから守るには、
湿気の少ない晴れた日にクローゼットやタンスへ風を入れたり、
直射日光が当たらない風通しの良い場所で陰干しすることをオススメします。
関連記事
汗を残さず衣替えしましょう。
スポーツのユニフォームの泥や汗もしっかり綺麗に
塩素系漂白剤による脱色