岡山市の竹内クリーニング

ボールペンのパンクは触らずに

みなさんこんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

第36回目は、「ボールペンのパンク」についてです。

 

制服や作業着、ジャンパーのポケットにボールペンを入れたまま洗濯機で洗ってしまったことや、ポケットの中でボールペンが壊れてしまってインクが漏れてしまったことがありませんか?

 

P5101407P5101403

 

壊れて漏れたインクは見た目の何倍ものインクが付着しており、下手に触ったり洗濯しなおしたりするととんでもなく広がります。

インクのシミは正しい手順をふまないと、除去できなくなったり着用できる程度に薄くもできなくなります。

 

P5181427 P5181421

 

様々な種類のボールペンが販売されていますので、もし壊れた本体、もしくは商品名など分かりましたらお伝えいただきますと助かります。

ボールペンだけでなく事故防止の為、洗濯前のポケット掃除は念入りにしてください。

 

 

 

 

ワンポイントアドバイス

洗濯後にボールペンのパンクに気づいた場合、洗い直しなどせず濡れたままでも結構ですので何もしないでお持ちください。
他の洗濯物にもインクが付着している場合がありますのでよく確認してみて下さい。
関連記事
スポーツのユニフォームの泥や汗もしっかり綺麗に
塩素系漂白剤による脱色
クレヨンや色鉛筆もお任せください