岡山市の竹内クリーニング

湿気がカビや変色を生む。

みなさんこんにちは。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回は、「湿気による変色、カビの発生による変色」についてです。

 

季節の変わり目や衣替えのときに、一度確認ください。

 

カビの発生により、シミや変色が起こることはお伝えしてきましたが、

空気中の湿気により、生地の中で酸化が起こり変色してしまう場合もあります。

P1141135

P1141139

 

クリーニング後、衣類をビニールに入れたままにしていたり、

クローゼットやタンスに保管したまま、

陰干し・虫干ししていなかったりしていませんか?

 

カビのシミや変色は点々と全体に広がりますが、

湿気による変色は空気が触れている部分に顕著に現れます。

 

畳んでいる衣類の内側と外側で、

境界線を引いたように変色した部分と

しなかった部分がはっきりします。

P2021164

P2021159

 

淡色や薄色などは、湿気による変色がおこりやすいので注意が必要です。

秋から冬は空気が乾燥してくるので、陰干し・虫干しをするのに最適です。

 

また、クローゼットやタンスの引き出しを開け、

できるだけ風を通すようにするだけでも効果はあります。

 

丸洗い(10,000円)

全体シミ抜き(20,000円)

 

ワンポイントアドバイス

どんな品物も湿気とカビは天敵です。
新品でも、クリーニング後でも、
湿気により変色やカビは発生します。

陰干し・虫干し、風を通すことをこまめに行なってください。

関連記事
色が滲んでしまう「色なき」についてです。
【洗濯のコツ】お湯で洗濯しましょう!
【洗濯のコツ】使いやすさNo.1、弱アルカリ性の液体洗剤!