岡山市の竹内クリーニング

着物の長期保管にはぜひ

みなさんこんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

第31回目は、大変な着物の長期保管について便利でお得な「シルクパック」についてです。

 

何世代にも渡りお召になれる着物ですが、振袖や留袖、喪服に子供着物など、お召しになる機会が限られ長期保管する場合が多いものもあります。

湿気によるカビや虫などから大切な着物を守るために定期的に虫干しや陰干しなど、手間と時間がかかります。

そんな手間をなくしてくれるのが「シルクパック」です。

 

2016.1.28定光様 kogoshi002

 

「シルクパック」はタトウ紙に入れた着物を袋内に密閉し、酸素を取り除くことによって

不活性ガス(窒素ガス)に置き換えます。

化学変化を起こさない不活性ガスで密封しているので以下の効果があります。

“虫干し、陰干しの必要なし” “金銀泊の変色防止”

“防カビ、防虫効果” “保管中の褪色、黄変シミの防止”

 

P2031387 P2031388

 

袋内に脱酸素剤を同封しており、パックが傷ついたり破れたりしますと酸素が入り効果がなくなります。

酸素センサーを同封しておりますので、お客様自身で袋内の状態をご確認いただけます。

センサーに変化がなくても4~5年経過したら再パックをおすすめ致します。

(酸素センサーの寿命が4~5年のため)

 

シルクパック・・・4,950円(税込)

2回目以降・・・3,300※袋を再利用できる場合に限る

ワンポイントアドバイス

一度にパックできる量は着物、襦袢、帯または着物なら2枚程度です。

年に1~2回は酸素センサーを確認してください。

酸素センサーは紫外線に長時間あたりますと変化してしまうことがありますので、保管は暗所が好ましいです。
関連記事
汗を残さず衣替えしましょう。
スポーツのユニフォームの泥や汗もしっかり綺麗に
塩素系漂白剤による脱色