岡山市の竹内クリーニング

色柄物を洗ったら、色がにじんだ…

みなさんこんにちは。

今回もご覧いただきありがとうございます。

第7回目は「色柄物のトラブル」について紹介します。

 

色柄物を洗濯したら“色がにじんでしまった”

なんて失敗をしたことはありませんか?

 

before_iroochi

色柄物の衣類には、

洗濯表示で「水洗いができる」と表示されていても、

「色移りや色落ちする場合がある」

という注意書きが記載されているものがあります。

 

それは、夏物のシャツ・ブラウス・ワンピースなど、

直接肌に触れ、たくさんの汗が付着する衣類に多く、

非常に厄介です。

 

大切な衣類の色がにじんでしまった際は、

ムリに自力で落とそうとせず、クリーニングへお出しください。

 

 

after_iroochi

竹内クリーニングなら、

汗汚れなどを洗い流す『ウェットクリーニング(水洗い)』

にじみ出した色を落と『シミ抜き』を行い、

写真の通りキレイな状態に復元します。

 

クリーニング600円+シミ抜き2,000円

合計2,600円

ワンポイントアドバイス

家庭用の洗濯機と洗剤で、色柄物を洗濯する際は、
必ず洗濯表示をきちんと確認することをオススメします。

判断がつかない場合は、店頭にお持ちいただくか、
お電話や問い合わせフォームなどでお気軽にご相談ください。
職人が適切な返答を行います。
関連記事
汗を残さず衣替えしましょう。
塩素系漂白剤による脱色
クレヨンや色鉛筆もお任せください