岡山市の竹内クリーニング

色移りにご注意を

みなさんこんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

第28回目は、ご家庭で洗濯する夏物に多いです。

「色移り」についてです。

 

高温多湿の日本では汗をしっかりかいてしまうので、水洗いが必須になります。

夏物の多くが水洗いできるという表示がありますが、稀に水洗いにより繊維の染色が滲んだり、他の衣類に色が移ったりします。

 

PA271250 PA271253

 

色移りの主な原因は、洗剤の汚れを剥がし落とす効果により染色も剥がし落とす場合と、脱水などで遠心力などの力により密着していたものに色が移る場合があります。

色移りが起こるには様々な要因があり、今まで大丈夫だったものでも条件により色移りが起こる場合があります。

 

PB011257 PB011261

 

 

もし色移りした場合は、濡れたままでも結構ですので何もせずにお持ちください。

洗いなおしたり、漂白剤等を使用致しますと落とせなくなる場合があります。

また色移りの原因である品物も色泣き(色が滲む)していないかご確認ください。

 

 

 

ワンポイントアドバイス

できるだけ白物、色柄物、濃色物は分けて洗濯するようにしてください。
どうしても一緒に洗濯しなければならない時は目の細かい洗濯ネットに入れて洗うなどしてください。

関連記事
汗を残さず衣替えしましょう。
塩素系漂白剤による脱色
クレヨンや色鉛筆もお任せください