岡山市の竹内クリーニング

衣替えのワンポイントアドバイス

みなさんこんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

第15回目は、季節の変わり目ですので

「衣替えのワンポイントアドバイス」です。

 

そろそろ衣替えを考えている方も多いと思います。

冬物を保管する前に、簡単にできるいくつかのポイントをお教えいたします。

 

衣替え01

 

・衣類を保管する前に掃除をしましょう。

衣類の入れ替えなどする前に、タンスの引き出し、衣装ケースの中などは、

ホコリや繊維クズ、虫など衣類によくないものがある場合があります。

できれば、少し風を通してから掃除機をかけ、新聞紙や紙のシートなどを引きましょう。

 

衣替え03

 

・品物の素材によって、収納する場所を決めましょう。

保管中に最も気をつけたいのが湿気です。湿気は下にこもるので、

湿気に比較的強い綿・麻などは下に、その次にポリエステル、ナイロンなどの化学繊維とウール、

湿気に比較的弱いシルク・カシミヤなどは上に保管しましょう。

特にシルク・カシミヤなどは虫食いも起こりやすいので不織布などに入れるとよいでしょう。

詰め込みすぎには注意が必要です。型崩れや風合いが損なわれたりする場合があります。

 

衣替え02

 

・防虫剤、除湿剤をうまく活用しましょう。

防虫剤や除湿剤を使用する場合は、注意書きをよく読み用法、容量などを守りましょう。

異なった種類の防虫剤を使用したり、ポケットに入れるなど、直接衣類に触れないように使用してください。

物によっては化学変化により、衣類を損なう場合があります。

 

 

すぐにできる衣替えのワンポイントアドバイスを紹介しました。

衣替えの際にはクリーニングの出し忘れがないように気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンポイントアドバイス

防虫剤、除湿剤を使用しても保管には注意が必要です。
定期的に虫干しなどしたり、湿気のない晴れた日に衣類に風を通すようにしましょう。

汗や汚れはシミや変色の原因になります。
ご相談だけでも結構ですのでお気軽にお問い合せください。
関連記事
汗を残さず衣替えしましょう。
スポーツのユニフォームの泥や汗もしっかり綺麗に
塩素系漂白剤による脱色