岡山市の竹内クリーニング

衿の汚れ・シミは目立ちます。

みなさんこんにちは。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回は、着物をお召になると汚れやすく目立つ部分、

「衿の汚れ・シミ」についてご紹介します。

 

着物をお召しになったとき、ファンデーションや口紅が付いてしまったり、

汗をかいていたり、気をつけていても汚れやすいのが 「衿」です。

 

DSC03277

 

 

付着してすぐの皮脂やファンデーションなどの汚れは、

通常の作業(丸洗い・部分洗い)で落とせるものが多いですが、

時間が経過し変色・黄変したものは、

別途シミ抜き・補正が必要になる場合があります。

 

DSC03289

 

 

お召になった後、保管前には汚れをしっかり確認しましょう。

汚れている場合は叩いたり水などで拭いたりせず、ご相談ください。

 

汚れが落ちないだけでなく、

擦れ(スレ)が発生したり、

生地を傷める場合があります。

 

丸洗い(袷着物)・・・8,000円

または、

部分洗い(衿のみ)・・・2,500円

 

ワンポイントアドバイス

着物の色や柄によって、汚れの目立つもの、変色しやすいものなど様々です。
頻繁にお召しになる予定があれば部分洗いで、
保管前にはお手入れ、丸洗いなどをご提案させていただきますので、
お気軽にご相談ください。
関連記事
色が滲んでしまう「色なき」についてです。
【洗濯のコツ】お湯で洗濯しましょう!
【洗濯のコツ】使いやすさNo.1、弱アルカリ性の液体洗剤!