岡山市の竹内クリーニング

金彩剥離も直せます!

 

みなさんこんにちは。

ご覧いただきありがとうございます。

 

第40回目は、「金彩剥離の補修」についてです。

 

七五三、成人式が過ぎ、子供の着物や振袖のお手入れや保管のご相談をたくさんいただいております。

その中でも長期保管になり、トラブルが起こりやすいのが子供の着物です。

子供の着物では金彩を施したものが多くあり、それが剥がれてしまうことがあります。

 

PB271831 PB271833 PB271838

 

古いものであればあるほど、金彩に使われている糊が劣化していたりするので、

丸洗い(ドライクリーニング)だけでなく軽く指で擦るだけで剥がれてしまいます。

また金彩の種類によっては、保管中に畳んで重なっている部分に張り付いたりしています。

 

PB281842 PB281843 PB281853

 

すべて元通りにできる物ばかりではありませんが、その場合はできるだけ元の着物の雰囲気を損なわないように修復しております。

事前にしっかりご相談、ご説明いたしますのでご安心ください。

また金彩の劣化を防ぐには通常の保管よりシルクパックでの保管をお勧めしております。

(詳しくはコチラから)

 

宮参りや七五三など着る機会が少なくても、大切に保管していれば何代も受け継いでいけるものです。

古いからと諦めないでお手入れやシミ抜き、保管方法などご遠慮なくご相談ください。

ワンポイントアドバイス

虫干しや陰干しを定期的に行い着物の状態を確認しましょう。

長期保管にはシルクパックがおすすめです。

金彩部分以外に少しでも金粉が付いていれば糊が劣化しています。
大部分が剥離してしまう前に早めにご相談ください。



関連記事
スポーツのユニフォームの泥や汗もしっかり綺麗に
塩素系漂白剤による脱色
クレヨンや色鉛筆もお任せください